【iOS Swift アニメーション入門 #8】CAGroupAnimationを使って、複数のアニメーションを組み合わせる

LINEで送る
Pocket

■はじめに

CAAnimationGroupクラスを使用する。
これはCAAnimationクラスを継承しているので、
CAAnimationクラスのプロパティを使用できる。

 

使い方は簡単。
CAAnimation(やCABasicAnimation)でアニメーションを複数作成し、
CAAnimationGroupで作成したアニメーションを組み合わせる。

 

ここでは
・サイズのアニメーション
・回転のアニメーション
・透過のアニメーション
を組み合わせて、ImageViewをアニメーションさせる。

 

下記動画のようなアニメーションを作成する。

 

【実装】

サンプルプロジェクトはこちらからダウンロードしてください。

 

サンプルプロジェクトをダウンロードしたら、
下記ソース内の①〜⑤の処理を書く。

 

■おわりに

実装できたら実行してみる。
上記動画のようにアニメーションするはず。

うまく動作しない方はこちらから完成版サンプルをダウンロードして下さい。

■参考書籍
・アニメーションに関する数少ない日本語書籍
日本語の書籍があった。

iPhone/iPad グラフィックスプログラミング

・英語だけど内容豊富なアニメーションの書籍。

【Kindle版】iOSアニメーション専門書籍


Programming iOS 8: Dive Deep into Views, View Controllers, and Frameworks

【アニメーションはまだ難しいなと思った人向け書籍】
①iOSアプリ開発未経験の人向け
・iOSアプリ開発をはじめたとき最初に買った書籍
【アプリ作成未経験の人向け】
Storyboardを使って画面を作成していく。
手順にしたがって操作していくと、ボタンの作成やWebViewの作成などができる。
アプリって、こんな感じで作るんだというのを体験できる。

Swiftではじめる iPhoneアプリ開発の教科書 【iOS 8&Xcode 6対応】 教科書シリーズ

・わかりやすくていい、と聞いた本
立ち読みした感じだと【アプリ作成未経験の人向け】

絶対に挫折しない iPhoneアプリ開発「超」入門【Swift & iOS8.1以降 完全対応】

②を終えたくらいの知識の方向け
・アプリ開発独学中に2冊めに購入した書籍
プログラミング知識はなくても、若干理解するのに時間がかかる程度で、
読み進められるわかりやすさがある。


iPhoneアプリ開発塾

③中級者、上級者向け
詳解 Swift

LINEで送る
Pocket